季節の変わり目に体調を崩さないために

ブログを読んでいただきありがとうございます。野田です。

 

最近少しずつ暖かくなり、だんだんと気候が春らしくなってきましたね。

 

でもこの時期は暖かい日が数日続くと急に冷え込んだりし、調節が難しくなります。

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

これは『三寒四温』といわれ日本の春先の気候の特徴です。

 

冬のようにずっと寒ければ次第に身体は次第に慣れてくるのですが、汗ばむような日もあれば、冬のような寒さが戻ってくるなどするこの時期は身体にストレスをかけ自律神経の乱れを引き起こしてしまうので冬よりも危険な時期ともいえます。

 

 

IMG_2006

 

自律神経というのは交感神経と副交感神経の2つの神経ことを指し、身体のスイッチのような役割をもっています。

 

交感神経は活動時に、副交感神経はリラックスしている時に高まりバランスをとりながら身体のON・OFFを切り替えているのです。

 

IMG_2011

しかし、寒暖の差などで身体にストレスがかかってしまうとこのバランスが崩れてしまい交感神経が優位に働きすぎてしまうことがあります。

 

交感神経が優位になりすぎてしまうと血管が収縮して血行が悪くなり冷え症の原因となってしまいます。

 

身体が冷えると免疫力が低下するのでこの時期流行するインフルエンザにかかってしまうこともあるので要注意です。

 

また交感神経が高まり副交感神経の働きを抑えてしまうので身体がリラックスできずに不眠症になったり、内臓の動きが悪くなりお通じが出にくくなるなどの原因になってきます。

 

自律神経のバランスを乱さないためにも、この時期は少し暖かくなったからといって油断しないことが大切です。

 

天気予報を毎朝チェックして適切な服を選ぶようにしましょう。

 

マフラーや腹巻、カイロなどをうまく活用してくださいね。

 

日中暖かくても夜に冷え込むこともあるのでそんな日は要注意ですよ!

 

そしてバランスの良い食事を心がけてください。

 

IMG_2008

 

しっかりと栄養を摂ることで基礎代謝が上がるので冷えを防ぐことができます。

 

ダイエット中だからといって炭水化物を全く食べないのはダメですよ。

 

炭水化物は完全な悪者ではなく基礎代謝を上げる作用がある必要な栄養素です。

 

今まで食べすぎていた方は完全に控えるのではなく、量を減らすようにしてください。

 

そして余裕がある方は軽く息が弾む程度の有酸素運動もオススメですのでやってみてください。

 

ご自身で体調管理をすることで病気や不調を予防することができます。

 

患者様の不調や不安に対して良いアドバイスができるよう精進していきます。

 

お身体について少しでも気になることがあれば、お電話やメールお待ちしております。

 

———————————————–

鍼灸整骨院 雨青舎

肩こり・腰痛などの慢性的な痛み
生理痛・めまいなどの身体の不調や
どこに行っていいのかわからない症状など
自費ですべて施術致します

お問い合わせはこちらから http://useisha.jp/inquiry/
ホームページTOPはこちら http://useisha.jp
※予約優先制

【住所】
〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

【電話/FAX番号】
092-552-5770

【営業時間】9:00~13:00/16:00~20:00
【営業日】月曜日~土曜日
【休診日】日曜日・祝日 土・水曜日午後

当院Facebookページはこちらから

http://bit.ly/2f5V0ef