スポーツで肘が痛くなる原因とは?

ブログを読んでいただきありがとうございます。野田です。

 

5月になり気候がいいのでスポーツを楽しむのに最適なシーズンになりました。

 

ただスポーツを楽しむために気をつけてたいのが怪我ですよね。

 

今日はテニス・ゴルフ・ロッククライミングなどなど、手を使うスポーツで多い肘の怪我「内側上顆炎・外側上顆炎」について解説します。

 

また、この怪我はスポーツをしていなくても仕事や家事で手を使った後にもおきることがありますので注意が必要です。

 

内側上顆炎は肘の内側、外側上顆炎は肘の外側に痛みが出てきます。

 

IMG_2389

 

内側上顆・外側上顆は手首を屈曲・伸展させる筋肉が付着する場所です。

 

IMG_2395

 

屈曲する筋肉は肘の内側の内側上顆へ、伸展する筋肉は肘の外側の外側上顆にそれぞれ集合して付着します。

 

よって手首の屈曲・伸展動作の時に急激な力がかかったり、弱い力でもそれが長時間続くと筋肉が付着している所に炎症が起き肘の痛みが出てくるのです。

 

この怪我を予防するためには、筋肉を使った後にストレッチとアイシングを行うことが大切です。

 

IMG_2396

 

ストレッチのやり方は図のように肘を伸ばした状態で、反対の手で手首を曲げてあげることで固まった筋肉が伸びてくれます。

 

怪我をしてしまうとせっかくの趣味も楽しめなくなってしまいます。

 

怪我をしてからもっと身体のケアをしておけばよかったと後悔される方がたくさんいらっしゃいます。

 

日頃からストレッチやアイシングをして怪我の予防をし、スポーツを楽しみましょう。

 

———————————————–

鍼灸整骨院 雨青舎

肩こり・腰痛などの慢性的な痛み
生理痛・めまいなどの身体の不調や
どこに行っていいのかわからない症状など
自費ですべて施術致します

お問い合わせはこちらから http://useisha.jp/inquiry/
ホームページTOPはこちら http://useisha.jp
※予約優先制

【住所】
〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

【電話/FAX番号】
092-552-5770

【営業時間】9:00~13:00/16:00~20:00
【営業日】月曜日~土曜日
【休診日】日曜日・祝日 土・水曜日午後

当院Facebookページはこちらから

http://bit.ly/2f5V0ef