熱中症対策をして猛暑を乗りきりましょう

ブログを読んでいただきありがとうございます。野田です。

 

7月も後半に入り本格的に暑くなってきました。

 

気温が高くなると気をつけないといけないのがやはり熱中症です。

IMG_2827

熱中症は高温になる外で活動されている方はもちろんですが、室内にいるときでも気をつけておかなければいけません。

 

室内にいると油断して水分を摂らなかったり、冷房が苦手だからといってつけていない状態だと室内でも外と変わらないぐらい温度が高くなってしまいます。

 

では熱中症で体はどういう反応を出すのか?

 

・口が強く渇く
・めまい・立ちくらみがする
・生あくびが頻発する
・頭痛
・吐き気や嘔吐がある
・手足のけいれんが出る
・身体がだるくなる
・まっすぐに歩けない
・汗が出過ぎたり、出なくなったりする
・意識がなくなる、混濁する

 

IMG_2826

このような症状が出た時は熱中症の危険性があります。

 

乳幼児や高齢者は汗が出にくく体温調節機能が低下しており熱中症になりやすいため、家族の方がしっかり様子を見てあげてください。

 

熱中症の症状が出た時はどう対処すれば良いのか?

IMG_2825

①涼しい場所に移動する

建物が近くにない場所にいる場合、木陰に移動します。建物があるなら、エアコンが効いた屋内に入りましょう。

まずは日差しから遠ざかって、身体の外からの熱をシャットアウトします。

 

②衣服を緩める

服を緩めて風通しを良くします。

 

楽な状態になるようにベルトやバンドは緩め、ネクタイなどは外してください。

 

③身体を冷やす

タオルを濡らして顔や手足に当てたり、うちわなどで扇いだりして身体を冷やしましょう。

 

首、腋窩(腋の下)、鼠径(足の付け根)には大きな動脈があり、ここを冷やすと体温を下げることができます。

 

保冷剤など冷やせる物があれば、ここに挟んで体温を下げましょう。

 

④水分を補給する

汗が大量に出ている場合は、水だけ補給するとけいれんが起きる場合があります。

 

汗と一緒に塩分も抜けてしまうので、塩分も入ったものを飲みましょう。

 

市販のスポーツドリンクなどで構いません。

 

 

ただし意識障害が出るなど重度の熱中症の場合、無理やり水分を取らせようとすると誤嚥する可能性があったり、対処が遅れると死にいたる危険性もあるのですぐに救急車を呼ぶようにしてください。

 

口が渇いた時は既に脱水をおこしているサインです。

 

口が乾く前に小まめに水分補給をし、休憩時間は涼しいところでしっかり休んで、熱中症に気をつけて夏を乗り切りましょう。

 

———————————————–

鍼灸整骨院 雨青舎

肩こり・腰痛などの慢性的な痛み
生理痛・めまいなどの身体の不調や
どこに行っていいのかわからない症状など
自費ですべて施術致します

お問い合わせはこちらから http://useisha.jp/inquiry/
ホームページTOPはこちら http://useisha.jp
※予約優先制

【住所】
〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

【電話/FAX番号】
092-552-5770

【営業時間】9:00~13:00/16:00~20:00
【営業日】月曜日~土曜日
【休診日】日曜日・祝日 土・水曜日午後

当院Facebookページはこちらから

http://bit.ly/2f5V0ef