十五夜お月様○

いつも雨青舎のblogを読んで下さりありがとうございます。
受付ユカポンタスです(๑☌﹏☌๑)

 

10月に突入しましたね!
すっかり秋ですね。秋といえばお月見。十五夜。

 

十五夜(中秋の名月)
お月見といえば、一般的には旧暦8月15日の「十五夜」をさします。
今年の十五夜は、10月4日(水曜日)です。

 

十五夜は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で、「中秋の名月」と呼ばれています。旧暦では7月~9月が秋にあたり、初秋は台風や長雨が続きますが、仲秋は秋晴れも多く空が澄んで月が美しく見えます。そこで、中国から伝わった月見を取り入れ、平安貴族が月見の宴を催して風雅を楽しむようになったそうです。
やがて、月見が庶民に広がると、実りに感謝する行事になっていき、芋類の収穫祝いをかねているそうです。

 

 

十五夜のお月見にお団子をお供えする意味は、お月様と同じ丸い団子をお供えして食べることで、健康と幸せを得られると言われています。
その他にも、丸い団子は満月を表し、秋の収穫への感謝の意味もあり、元々は秋に収穫された作物で作られたものが「団子」とされていたそうです。

 

十五夜のお月見にススキを飾る意味は、ススキの形が稲穂に似ていることから秋の収穫への感謝が込めらています。また、ススキには「魔除け」の効果があるともされています。

 

十五夜のお月見にサトイモをお供えする意味は、十五夜の別名「芋名月」と言うように、イモ類や農作物の収穫の感謝の意味から、農作物をお供えする習慣があります。

中にはぶどうなどの、蔓(つる)のある果物や農作物を、お供えしてから食べると、お月様と繋がりが強くなり縁起が良いとも、考えられているそうです。

 

 

今夜はゆっくり心穏やかにお月様を見上げてみてはいかがでしょっ◯

因みに満月は明後日の6日らしいですよ☻

 

CFC79D33-207F-4F6A-B7C0-C7D687C0BF28

 

 

———————————————–

鍼灸整骨院 雨青舎

肩こり・腰痛などの慢性的な痛み
生理痛・めまいなどの身体の不調や
どこに行っていいのかわからない症状など
自費ですべて施術致します

お問い合わせはこちらから http://useisha.jp/inquiry/
ホームページTOPはこちら http://useisha.jp
※予約優先制

【住所】
〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

【電話/FAX番号】
092-552-5770

【営業時間】9:00~13:00/16:00~20:00
【営業日】月曜日~土曜日
【休診日】日曜日・祝日 土・水曜日午後

当院Facebookページはこちらから

http://bit.ly/2f5V0ef