身体について学ぶために

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。院長の柳です。

 

今回は関節の動きと動作の関係を学ぶにあたり思ったことです。雨青舎では先日、骨学の解剖学講義を7ヶ月かけて行いました。この講義は治療家はじめヨガインストラクターや助産師など意志ある様々な身体に関わる仕事をされている方に参加いただきました。

 

以前から思っていたことなのですが我々はボディワークを生業としています。特に我々のような広い範囲を診る職種であればあるほど体系だてられた戦略的勉強が必要だと思います。我々が勉強しないのは自己責任ですが、患者さんやクライアントへリスクを背負わせていることを考えるとなおさら戦略的に学ばなければと実感します。

 

そしてもう1つ。スタッフによく言うのですが教えてもらう事を勉強という方がいますがそれは習ってるだけです。勉強とは自分でやるものです。つまり孤独な努力です。

 

IMG_7580

多くの人に接し、死生観を深めていくとこの言葉を年々強く感じずにはいられません。

 

ここでプロとして筋骨格にアプローチする方々に質問です。関節の働きにおいて安定と固定の役割の最低限の法則をご存知でしょうか?

 

o0480046813781777933

 

どうぞ。関節の自由度を考慮して図式簡略化すればおおよそこんな感じです。動きの中で多少優先順位は変わるものの基本的にはこれで運動とコンディショニングの戦略を立てられます。こんな風にある程度簡略化しながらも基礎をしっかり抑えて行くことで学びやすくなります。これは全ての範囲に言えることだと思います。奥の深い無限に続く人の身体に向かい合うとき、能力に限りある我々がより深く、広く理解していくために必要なことを書いて見ました。

 

またゆっくり時間を作ってみなさんにシェアできたらなと思います。

 

 

 

 

———————————————–

鍼灸整骨院 雨青舎

肩こり・腰痛などの慢性的な痛み
生理痛・めまいなどの身体の不調や
どこに行っていいのかわからない症状など
自費ですべて施術致します

お問い合わせはこちらから http://useisha.jp/inquiry/
ホームページTOPはこちら http://useisha.jp
※予約優先制

【住所】
〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

【電話/FAX番号】
092-552-5770

【営業時間】9:00~13:00/16:00~20:00
【営業日】月曜日~土曜日
【休診日】日曜日・祝日 土・水曜日午後

当院Facebookページはこちらから

http://bit.ly/2f5V0ef