ヒートショック

皆さんこんばんは✴︎
いつも雨青舎のブログを見てくださり有難うございます!
受付ユカポンタスです(๑☌﹏☌๑)

 

 

寒い!さむい!!サムイ!!!
こんなに寒いのに野田先生はまだ毛布一枚で寝ているそうです。
ちょっとおかしいのではなかろうか…笑笑

 

寒い冬!お風呂に浸かると本当に幸せですよね!
温泉行きたいです…
今日のブログはヒートショックについて!
ヒートテックではないですよ(^ー^;)

 

 

●まずヒートショックとは…?

 

急激な温度の変化により血圧の急激に下がったり脈拍の変動が起こること。
冬場の入浴時や冷暖房の効いた部屋から外へ出た時などに起こりやすく、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などの深刻な疾患につながる危険性がある。
高血圧や動脈硬化の傾向がある人が影響を受けやすく、特に高齢者は注意が必要。
日本では年間1万人以上がヒートショックが原因で死亡しているとされ、室内における高齢者の死因の4分の1を占めるとも言われているそうです。

 
●ヒートショックに注意すべき人とは…?

 

ヒートショックは体の弱い高齢者に最も多く見られる症状なので、一般的に65歳以上の男女はどれだけ健康に自信があったとしても入浴時には注意が必要です。特に高齢者は、熱いお湯が好きな傾向にありますが、脱衣場と浴室の温度差は10度以上あってはならないので、本人だけではなく周りの家族も気をかけることが大切です!
また、高齢者だけではなく糖尿病や高血圧等の成人病の持病がある人、コレステロール値が高くメタボリック症候群あるいはその予備軍の人、中高年の男性はそれらの健康状態であることが多い上、晩酌の後お風呂に入ってしまう人。そうなると、余計にリスクが上がってしまい危険です。

 

 

肉体の問題だけではなく、住まいの問題から発生することもあります。
タイル張りで窓のある浴室は熱が逃げやすく寒くなりやすいので注意が必要です。
築年数の長い家は隙間風が吹いたり壁にも断熱材が入っていなかったりするため、常に体が冷えて入浴の際温度差が激しくなる場合があるようです。

こういったところにお住いの方は注意が必要です!

 

次回は予防法等についてを書きますね(^ー^)

 

680D9302-D328-4300-A1BD-8E6AA5810FF3

———————————————–

鍼灸整骨院 雨青舎

肩こり・腰痛などの慢性的な痛み
生理痛・めまいなどの身体の不調や
どこに行っていいのかわからない症状など
自費ですべて施術致します

お問い合わせはこちらから http://useisha.jp/inquiry/
ホームページTOPはこちら http://useisha.jp
※予約優先制

【住所】
〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

【電話/FAX番号】
092-552-5770

【営業時間】9:00~13:00/16:00~20:00
【営業日】月曜日~土曜日
【休診日】日曜日・祝日 土・水曜日午後

当院Facebookページはこちらから

http://bit.ly/2f5V0ef