雨青舎の身体の考え方2

ブログを見ていただきありがとうございます。院長の柳です。身体の考え方の第2回目です。
みなさんは心・技・体を聞いたことがあるのではないでしょうか?武道、相撲なんかで見るフレーズですが、よく本質を表しているように思います。
心が豊かであれば体は鍛錬されゆき、技に磨きがかかる
技を磨けば心が豊かになり、体も鍛錬ゆく

体を鍛錬すればこそ心が豊かに安定して、技は我が身に染まる

おおよそこのような解釈で良いと思います。
 
実は徒手医療においても同じような解釈が存在します。

o0480064013697975316

上の図がそうなのですがシンプルに説明しますと

構造=骨・筋などの物資的なもの
化学=栄養・神経物資・ホルモンなど
精神=心や感情・ストレスなど
と解釈してください。これらはお互いに影響して様々な変化を身体に起こします。
ストレスで胃が痛い、気合いで怪我を乗り越える、ビタミンCで美肌など表現は様々ですが、お互いにリンクしていることはよく見るとあちこちで見かけます。
これから身体についてはこの3つの視点から考えていきます。たくさんの可能性が実は身体にある!というみなさんの発見に役立てばいいなと思います。
ではまた次回、分野ごとに書いていきます。

 

 

鍼灸整骨院雨青舎

〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

電話番号:092-552-5770

当院Facebookページはこちら
http://bit.ly/2f5V0ef