足関節の仕組みpart2

みなさんこんにちは!山路です!

今日は足関節の仕組み第2弾です!

今日はショパール関節とリスフラン関節について説明します!

 

image

 

ショパール関節は横足根関節とも言います。

ショパール関節は距骨下関節と連動し足部の

背屈や底屈、回内、回外運動に関与します!

 

リスフラン関節は足根中足関節ともいいます!

リスフラン関節は内、中、外楔状骨と第1〜5中足骨

立方骨により構成されます。

リスフラン関節は関節腔を形成し、関節包によって

安定しています!

〔関節包は関節を覆っている膜のことです〕

リスフラン関節は可動性の低い、関節包によって

安定している関節です。

そのためランニングやジャンプなど足で蹴る動作で

必要とされる安定性を作っています!

 

足の安定性や、可動域が出ないと膝や股関節に負担がかか

り腰痛や膝痛の原因になることもあるため注意が必要です。

 

 

鍼灸整骨院雨青舎

〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

電話番号:092-552-5770

当院Facebookページはこちら
http://bit.ly/2f5V0ef