腰痛の原因になる骨盤について

みなさんこんにちは山路です。
人が二足歩行を行う為、生活を営むために進化してきた
骨盤について軽くですが説明していきます。

骨盤は仙骨、腸骨、恥骨、坐骨の骨で出来ておりそれぞれを
関節で繋ぎ一つの輪っかのようになったものを骨盤帯と呼び
それをみなさんは骨盤と呼んでいます。

IMG_0337

骨盤の役割としてまず、下肢と体幹の多くの筋肉に対して
付着部としての働きをもち、上半身と体幹の重さを下肢に
伝える役割を持ちます。
また、骨盤に付着している筋と結合組織によって、骨盤は
腸、膀胱、生殖機能などの組織を支えています。

IMG_0338

骨盤には仙骨と腸骨で出来た仙腸関節があり脚の長さの
違いや骨盤の捻れによりストレスを受け痛みを出すことも
あります。
腰痛として痛みを出す方にもこの仙腸関節の乱れから来る方も
います。
この仙腸関節は靭帯と筋肉によって補強されており本来は
非常に強固に安定しています。

また体幹部分にある筋肉はこの仙腸関節を含む腰背部を
安定させるために重要な筋肉です。
腰痛予防として体幹の筋肉を鍛えていくのは脊柱と骨盤
の安定性を得るためです。

 

IMG_0339

 

骨盤の安定性は身体全体の安定性に繋がり、効率よく身体を
動かすために重要な場所です。
腰痛を出さないためにも身体のケアは大切です。
さらに詳しく聞きたい方、悩みがある方はいつでも質問
してください。

 

鍼灸整骨院雨青舎

〒815-0031
福岡県福岡市南区清水3-19-32 太陽ビル102

電話番号:092-552-5770

当院Facebookページはこちら
http://bit.ly/2f5V0ef